スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュルンベルク、フランケンシュタディオン観戦記

IMG_5741.jpg

3月8日のニュルンベルク対ブレーメン戦。こちらは試合日まで1週間を切ってもたくさんチケットが余っていたので、難なくゲット。

ミュンヘンから電車でニュルンベルクに向かったのですが、同じ車両にブレーメンのサポーターの団体がいて、早くもほろ酔い気分で盛り上がっていました。

ニュルンベルクの中央駅から10分もかからないぐらいで最寄駅フランケンシュタディオンに到着し、5分ぐらい歩けばスタジアムなので行きやすい。

IMG_5734.jpg

スタジアムに向かう途中に掲げてあったクラブの標語。

Ich bereue diese Liebe nicht! / この愛を後悔しない!


なかなか熱いです。

IMG_5748.jpg

トラックがありますが、それほど見にくくはなかったです。今回はアウェー側のエンドに近いコーナー席。チケットは20ユーロほどでした。

IMG_5754.jpg

隣りのブロックには結構空席が。お値段高めの席のほうが空いていたように思います。

ニュルンベルクには小振りの焼きソーセージが名物なんですが、スタジアムの売店にもありまして、評判どおりとってもおいしかったです!

IMG_5762.jpg

これは試合後にレストランで食べたものですが。スタジアムではパンに3本ぐらい挟まったのをいただきました。ニュルンベルクに行ったらこのソーセージは絶対に外せません!

試合はまたしても0-2とニュルンベルクの負け。この試合でも清武のテクニックが光り(華麗なターンも披露)、いい時間帯もあったのですが… たしか勝てば順位表でブレーメンを追い抜けるはずでしたが、そのチャンスは生かせず。残留への戦いは続きます。
(り)
スポンサーサイト

ジグナル・イドゥナ・パルクに行ってきました!

IMG_5348ジグナル・イドゥナ・パルク

いや~まさかこんな日が来るとは。

今たまたまドイツに友人がいるので、これを逃したらチャンスがないかもしれんと思い、ドイツに行ってきました。(友人に会うことを除けば)目的はただ一つ。ジグナル・イドゥナ・パルクでボルシア・ドルトムントの試合を見ること。

しかし、これは簡単なことではありませんでした。チケットが取れない…のです。スケジュールをやりくりした結果、3月1日のホームのニュルンベルク戦を狙うしかないということになりまして、ネットでの一般発売開始時間にスタンバッてみたのですが、ものの2分ほどで完売。そもそも80席ぐらいしか出ず(8万席もあるのに)、2回ぐらいクリックしているうちにゼロになってしまいました。あまりの事態に唖然。

チケットを取るのは至難のわざとは聞いていたけれど、これほどまでとは… かなりショックでした。旅行会社などを調べてみてもドルトムントのチケットが確保されたツアーなどは見当たりません。もうダメかと思ったのですが、サイトにチケットと宿泊がセットになったパッケージがあることを発見。ドイツ語ができない人は英語でメールを送れば手配してくれるということだったので、早速英語でメールを送りました。

アドレナリン・トリップなるもので、後ろの端っこの席でホテルのランクも低い(それでも星3つ)と、後ろながら真ん中の席でホテルのランクが高いコースの2つがありまして、ホテルはどうでもいいけれど、真ん中のほうが見やすいだろうということで、ホテル2泊とチケット代、さらに応援グッズやファンショップとスタジアムでのプリペイドカードなどがついた、アドレナリン・トリップ・プラス、一人269ユーロ(2名で申し込みの場合)のパッケージに申し込み。

ドルトムントのホテルでチェックインしましたら、黄色い箱とエナジードリンクをドンドンと出されました。

IMG_5280アドレナリントリップ
中身はこんな感じ。

アドレナリン・トリップ

チケットやプリペイドカードと共にマフラーが入っていました。これをして応援しろっちゅーことでしょうか。

IMG_5292ヴェストファーレンパーク駅

そして当日。ベストファーレンパークで降りまして、公園で時間つぶし。ここはスタジアムも見えるタワーがあるくらいで、あとはごくごくフツーの公園。

IMG_5296ヴェストファーレンパーク

ドルトムントの街中にもいっぱいあったサイのオブジェなど見つつ時間をつぶし、スタジアムへ。

IMG_5356.jpg

ひや~この雰囲気っっ!正直、スタジアムの外観はフツーでした。外の雰囲気も特別だったわけではありません。ただスタジアムに行く人がいっぱいいたというだけ。でも中を見た瞬間、鳥肌が立ちました!サッカーのことを何も知らない友人もすごいね~と感動。

IMG_5363.jpg

試合前にはYou'll never walk aloneも合唱。忘れていたけどドルトムントもこの歌、歌うんですね。英語だったから私も歌えました。

試合は3-0でドルトムントの快勝。個人的には復帰したばかりのマッツんがゴールを決めていたのがよかったです(押し込んだだけだけど)。日本人としてはニュルンベルクの清武もつい見てしまったわけですが、清武くん、誰よりもうまかった!サッカーを全く知らない友人も絶賛。しかし彼のテクニックがすごくてもそれだけではダメなわけで。

ちなみに友人はドイツ人に「君はカガワ夫人かい?」と聞かれてました(笑)。「香川が戻ってくるといいねー」とも言われたそうです。
(り)

ヨーロッパリーグ組み合わせ抽選前の超ドタバタ劇

欧州カップ戦の組み合わせ抽選の前にこれほどすったもんだしたことが、かつてあったでしょうか。直前に注目のチャンピオンズリーグ組み合わせ抽選、直後にはこれまた注目のUEFAスーパーカップがあったので、まったくお気づきにならなかったかもしれませんが。。

8月29日、UEFAヨーロッパリーグのプレーオフ第2戦が行われました。ヨーロッパリーグの開催日は基本的に木曜日で、通常は金曜日の抽選の前日には次のラウンドに参加するチームが出そろう形となります。

ですが今回は、AZ(オランダ)とアトロミトス(ギリシャの)の第2戦でスタジアム火災が発生(原因はサポーターの乱暴でなく照明故障)、残り時間を抽選当日の30日午前にやる運びとなりました。1-0でリードしていたアウェーのアトロミトスは再開後も得点、2試合合計で3-3に追いついたものの、健闘むなしくアウェーゴール差で敗退しました。

さらに、ファンの乱暴などで処分を受けることの多い問題児フェネルバフチェ(トルコ)が、八百長への関与で失格となることが28日に確定。UEFAはこれを受け、グループステージから出場するはずだったフェネルバフチェに代わるチームを、プレーオフ敗退チームから往年のアメリカ横断ウルトラクイズばりに復活させることを決めました。そのための抽選は、13時からの組み合わせ抽選の直前に行われ、アポエル(ギリシャ)がラッキーな敗者復活を遂げました。

さらにさらに、こちらもトルコのベシクタシュも八百長関与で失格に。この件が確定したのは30日当日。ベシクタシュはすでにプレーオフを戦っており、大忙しのUEFA緊急委員会は敗れたトロムセ(ノルウェー)を復活させるとにしました。

というわけでグループステージ出場チームが出そろったのは、抽選の直前。運営担当の方はさぞかし大変だったでしょうが、われわれ翻訳陣もてんてこ舞いでした。

というのも、ELドタバタ以外にも、前日のチャンピオンズリーグの抽選結果に対する各チームの反応がどんどん入って来る上、当日夜はスーパーカップ本番。さらには期限前の駆け込み移籍のニュースが続々と...シーズンが本格化する前のいいウォーミングアップになりました(^_^) (むーら)

UEFAヨーロッパリーグ・グループステージ組み合わせ抽選の結果はこちら

UEL抽選


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

ムラーセナルFCが好発進!

アーセナルではありません、ムラーセナルです。

プレミアリーグのファンタジーフットボールに参加しているわがチームMurarsenal FCは現在31チーム中4位。友人主催の本場のファンたちが集うリーグで健闘しています。

いちおうファンタジーフットボールについて説明しますと、所定の予算内でチームをつくり、各選手の実際の試合での活躍ぶりに応じて与えられるポイントの合計を競うというゲームです。移籍制限や同一クラブから入れられる選手数の制限等は提供元によってさまざまです。

僕が参加しているのはDaily Telegraph提供のファンタジーフットボールですが、ほかにもプレミアリーグ自体やヤフーなど、いろいろなところが提供しています。ゲーム自体が(調子いいうちは)楽しいだけでなく、試合観戦にも一層熱が入るのでおすすめです。やはり情報をできるだけ仕入れた方がいいので、英語学習者にとっても効果的な勉強法ではないでしょうか。

ムラ-セナル好調の要因としては、モウリーニョ新体制になったチェルシーの堅守化予想が的中している部分が大きいでしょうか。単純にチェルシーの消化試合数が1試合多いというのもありますが。要改善のポイントとしては、どうしても「温情采配」を捨てきれないところ。今のところ我がチームに全く貢献していない香川と吉田の処遇が喫緊の課題です。

思えば昨シーズンはずっと下位に低迷し、残留争いに明け暮れていたものです。結局30チーム中ブービーと降格圏のまま終了。1部も2部もないので降格は免れましたが。「ACミカン」というイングランド人には意味不明なチーム名が悪かったんでしょうか(^_^; (むーら)

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

死のグループを首位通過!!

われわれfT5が公式サイトの翻訳を担当するボルシア・ドルトムントが
UEFAチャンピオンズリーグ・グループD首位通過を決めました!

振り返れば8月30日の組み合わせ抽選で
スペイン王者 レアル・マドリー
イングランド王者 マンチェスター・シティー
オランダ王者 アヤックス
と同じグループに入ったときは思ったものです。

終わったなと。

ところが、あのマドリーにも力負けせず1勝1分け。
5試合で3勝2分け(89分までなら5戦全勝)という成績を残し
どこからどう見ても「死のグループ」と呼ぶにふさわしい
グループDを首位で、しかも1試合を残して突破!!
これはもうfT5さんのおかげと言っても過言ではないかも
しれませんね^^;

10年ぶりの決勝トーナメント進出はそれ自体快挙ですが、
クラブのフトコロもますます潤います。

昨シーズンの場合ですけど、
グループステージでは出場賞金の720万ユーロに加え
1勝するたびに80万ユーロ、引き分けで40万ユーロ、
さらにベスト16進出で300万ユーロが入ってきます。
準々決勝へ進めば330万ユーロ、準決勝で420万ユーロ、
準優勝で560万ユーロ、優勝で900万ユーロ!($_$)

われわれfT5にも回せとは言いませんが、
サイト翻訳を担当する者としては
ぜひ膨らんだ補強資金で再び香川クラスの日本人選手を獲得して
注目度を高めていただければと思っております。
(むーら)

ボルシア・ドルトムントのサイトはこちらです


20121122 Celebration
fT5 home page
fc2 blog ranking
FC2ブログランキングに参加中♪

FC2Blog Ranking

links
RSS links
seach
email

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。