スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

cautious but physical start

昨日の記事で出てきた表現。「立ち上がりは両チームともcautious but physicalだった」という文脈です。cautiousはいいとして、but physicalの部分をどう日本語にするか悩んでしまいました。英語と同じように形容詞2つで簡潔に訳したいけれど、いい訳語が浮かばない。考え始めるとニュアンスもよく分からなくなってきました。慎重だけどガンガン当たりに行くような戦い??それって慎重と言えるんだろうか…

で、また英会話の先生に聞いてみました。

cautious ⇒ 思い切って出ていくこともなく、後ろでパスを回しているだけみたいなboringな戦いのイメージ。

physical ⇒ タックルやショルダーチャージなど激しいフィジカルコンタクトのあるexcitingな戦いのイメージ。

つまり、「慎重だけど決して退屈ではなくハードで興奮する戦い」ということだそうです。最初だからお互い探り合いをしつつ、つぶすとこはつぶしていたという感じでしょうか。これを記事用の訳文にするなら、「立ち上がりは両チームとも慎重ながら激しいぶつかり合いを見せていた」あたりですかね。

結局、最初の自分の解釈とほぼ同じなんですが、こうして説明されるとよりクリアになった感じです。physicalって意外に訳しにくいんですよね、いつも。
(り)
fT5 home page
fc2 blog ranking
FC2ブログランキングに参加中♪

FC2Blog Ranking

links
RSS links
seach
email

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。